ゲーム中心の適当な日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
I've歌姫評
今日は気分がいいのでもう一つ書くことにする。
ちょっと長くなりそうだと思ったこの記事。
KOTOKOさん以外は聞く機会が少なめなので当てにならない部分あり。
勿論全て主観です。

■KOTOKO
I've歌姫の顔とも言える地位についた彼女。
メジャーデビューをするなど、
最早その人気はI'veサウンドの域を越えて広がりつつあります。
初期はパワー型の歌手で、ハイトーンのかわいい系の歌声で押し切っていたのですが、
数々の曲を歌ううちにか、裏での努力があったのか、
ダンス風、ロック風、テクノ風、電波曲、なんでも歌いこなすユーティリティシンガーに。
また初期に疑問視されていた歌唱技術も日を追うごとに上昇。
最近の作詞の大半は彼女によるものです。
自らのアルバムでは作曲も担当するなど、色々頑張っている人。
歌唱技術:C~S(ムラあり)
表現力:A
歌声:A 高音S
トーン:低~高
テンポ:並~速

■Lia
外部の人ではあるけれど、アルバム曲を任されたり、
Key系の曲を歌ったりしている人。
透き通った高音が魅力で、自ら製作しているアルバムでは
ユーロビートを歌うなど、意外な方面でも活躍中。
歌唱技術:A
表現力:C
歌声:B 高音A
トーン:高
テンポ:遅~速

■MELL
様々な曲を安定させて歌う。
声のレンジが広めなので、格好いい曲と相性がいい。
歌唱技術:B
表現力:A
歌声:B
トーン:中~高
テンポ:遅~並

■MOMO
艶っぽい低~中低音が特徴。
まったり系の曲によく合う、歌姫の中ではある意味希少な存在。
歌唱技術:B
表現力:C
歌声:A
トーン:低~中
テンポ:遅

■SHIHO
ノリのいい曲が得意。
派手さはないがなかなかいい仕事をしている感じ。
歌唱技術:C
表現力:B
歌声:B
トーン:中
テンポ:並~速

■詩月カオリ
AKIさんの後継とも言われるロリ部門担当。
ほぼ電波曲、アニメ風曲専門で、上記どおりロリ系の声が武器。
ただ意外に低音も艶っぽく聞こえるから不思議。
KOTOKOさんとタッグを組んで歌うこともある。
歌唱技術:C
表現力:C
歌声:A
トーン:中~高
テンポ:並~速

■川田まみ
最近メジャーデビューを果たして、これから上昇気流に乗れるかが鍵な人。
独特な裏声の使い方が長所。
ただその「武器」に頼りすぎるところがあるので、そこが課題か。
歌唱技術:B
表現力:C
歌声:B
トーン:中
テンポ:並~速

■島みやえい子
KOTOKOさんやまみさんの先生としても有名。
この二人をI'veに引き入れたと言う意味では相当な功労者。
音楽学校の講師をしていたりすることもあり、
歌唱技術は相当なもの。
自らのアルバムも定期的にリリース中。
歌唱技術:A
表現力:A
歌声:B
トーン:中
テンポ:遅~並
スポンサーサイト
【2005/11/26 13:38】 I've | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
KOTOKO評
前のブログで書いたもののコピペ。
*******************************
昨年メジャーデビューを果たし、2ndアルバムも10位ウィークリーチャート入りするなど活躍の彼女ですが、
基本的に「I've」という主に美少女ゲームの主題歌を作るユニットに所属していて、
そこでのボーカルの柱、作詞担当として活動しています。
I'veには他にも個性豊かな歌手さんが数人おり、
作曲家のレベルの高さもあり、その分野では有名となっています。
主題歌のフルバージョンが欲しいがために、美少女ゲーム自体を購入するマニアもいるとか。

実際偏見なしに視聴してみると、かなりいい曲を作っています。
(作曲だけで言えば、J-POPTOPアーティストの作曲家並)
テクノ系もありますし、バラード調等、曲調も多彩です。

なので、KOTOKOさん以外のボーカルの方の曲でも良いです。
しかし、人気は彼女がトップクラスで他の追随を許しません。

その理由は、やはり独特の歌声かと。
素晴らしい歌唱力があるわけでも、アイドルなわけでもないのですが、
何というか、耳に心地よく、艶っぽい歌声です。
高音が綺麗で、中音が可愛らしく、低音が格好いい、そんな感じです。
歌の上手いTOP歌手でも、例えば高音がきつかったり、低音が出てなかったり、中音が美声とは言い難かったり、あると思います。
それがなく、どの音程でも、どんな曲調でも、歌を堪能できる。
これが彼女の一番の長所だと私は思います。実際レパートリーが広いですしね。

分野から言って、ちょっと聞きにくいでしょうけど、視聴曲でも拾って一度聞いてみてください。
クセは強いのでダメな人はとことんダメでしょうね(笑)
【2005/11/11 00:28】 I've | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
I've作曲家評
歌手(通称:歌姫)については長くなりそうなので、
まず作曲家について、私の感想を書いてみる。

■高瀬一矢
I'veの取締役でもあり、数多くの曲を手がける代表的な存在。
曲調は低音が多めで暗めで激しいものが多い。
昔は作詞や明るいテンポのいわゆる電波系も作っていたが、
最近はカッコイイ曲に専念しているようだ。
パンヤネームに使っているのでも分かるとおり、
私がグループで一番好きな作曲家。
とにかく力強い曲が多いので、楽しんで聞ける。
反面、曲が主張しすぎてボーカルが押されてしまうところもある。

■中沢伴行
高音の旋律の使い方が上手く、美しいメロディが得意。
逆に高音の主張が強すぎて、同じく高音メインのKOTOKOさんとは相性が悪いかも。
ので、KOTOKO+中沢の曲はイマイチ好きでない...。
川田まみさんの曲はかなり好き。
ヘッドホンで聞くことが多いこともあってか、この人の高音は耳に刺さる。

■C.G mix
ダンス調のカッコイイ曲が多いが、最近では電波系の曲ならこの人!とも言われる。
とにかく全ての曲が良く、外れが殆ど無い。
ノリが良く、間奏が素晴らしい。
欠点としては、似た曲調が多いことか。
ただそれの裏を返せば、この人の曲が好きならほぼ全ての曲がいい曲だとなり、固定ファンが付きやすいということがある。
KOTOKOさんと相性が良いと思う。響きとノリを両立してるあたりとか。

■中坪淳彦
別名FISHTONE
曲が少ないのであまり聞いたことが無いのだが、
これ以上はないというほど暗い曲調が多い。
アレンジを担当したFace of Factは名曲

■羽越実有
Collective(6thアルバム)で知ったのだが、
結構好みな曲を作るかもしれない。
2曲しかしらないが、アニソン調な中に深みを感じさせるような。
今後も曲が出たら聞いてみたい。
【2005/11/08 03:24】 I've | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
PROFILE
フォード
  • フォード
  • 性別:ネカマ男性
    職業:廃人学生
    住所:露西亜札幌
    状態:暇人一人暮らし
  • RSS
CALENDAR
10 « 2017 / 11 » 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。